2007年09月06日

初めての高速バス

東京に出る交通手段は電車、車とありますが、今回は初めて高速バスに乗ってみました。実際、意外なことばかりでした。

1.意外と乗る人が多い
通勤者らしき人や観光目的らしき家族連れなど、ほとんど満席でした。回数券を持っている人が多く、常連さんばかりのようでした。

2.意外と乗り心地が良い
バス旅行などは学生時代の運動部の合宿以来だったかもしれませんが、その乗り心地にあまり良い印象は持っていませんでした。が、今のバスは違いますね。

3.意外と見晴らしが良い
たまたま席が一番前の通路側だったのでラッキーでした。今のバスは運転席が低くなっているので、前面のフロントガラスがとても大きく、開放感がありますね。

4.意外と時間に正確
車なので渋滞があれば到着時刻が大幅に遅れる危険性があり、仕事にはあまり使えないのではと思っていました。しかしバス停や最終目的地への到着はかなり正確でした。

5.意外と静か
観光バスと違って通勤者が多いせいか、車内はほとんど私語がなく、極めて静かです。ときどき子供の声も聞こえますが、多くの人はまどろんでいたようでした。

意外というか、事前にわかっていたのでその時に驚いたのですが、料金も安いですね。通常各交通手段の料金を比較すると、1人で行くと電車と車が同じくらい、2人で行くと車の方がお得となるのですが、高速バスの場合は2人で行ってもこちらの方がお得となります。

高速バス、見直しました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: