2012年06月26日

本島随一、真栄田岬

毎年この時期は野菜づくりが一休みする頃で、夏野菜の植え付けが終わり、収穫まではまだ間がある頃合いを見計らって沖縄に出かけています。本島はこれで5年連続です。

P6260073.jpg

本島のビーチは離島に比べて魅力的な魚がいるところが少ないのですが、この真栄田岬は随一です。毎回このようにツバメウオがたくさん見られます。いつも青の洞窟の入り口近くに群れています。

P6260077.jpg

ロクセンスズメダイは言うに及ばず、探さなくてもいやというほどいます。餌付けがされているせいか、だいぶ人に慣れています。

P6260084.jpg

実はこれらの写真、スノーケリングをしながらテキトーにシャッターを押した結果です。何とこの一番良い被写体に遭遇している最中、デジタルカメラが壊れてしまったのです。様子からして電源は入っていて液晶だけが機能していないようだったので、魚に向けて闇雲に撮ったものなのです。

この真栄田岬は平日というのにたいそうな人出で、逆に誰もいないビーチより何かあっても安全ということも言えます。今回気付いたのはいろいろな種類のサンゴの赤ちゃんがたくさん育ってきていること。天敵の退治など各ショップがこまめに手入れをすると思いますから、今後の様子が楽しみです。

外海に面していながら波が穏やかで(もちろん荒れる日もあるようですが)、急な落ち込みで水深があり、砂地がないので透明度が高く、魚種とその数が豊富、青の洞窟といった神秘的なスポットもあり、施設も充実とくれば人気になるのも当然です。秋にはシイラが回ってきてそれを追ってサメが出没するとの情報もありました。もちろん、泳ぎに出る範囲ではありませんけれどね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: