2007年10月04日

物置に固定資産税?

この日市役所から固定資産税の算定のため、家屋の評価に調査員が訪れました。一人が制度について細かく説明し、その間にもう一人が家の内外をつぶさに見て何かを記録しています。だいたい想定通りだったので特に問題ありませんでしたが、帰り際に調査員が一言。

「今裏で建てている物置ですが、3つの要件を満たしているため固定資産税の対象となります」とのことです。3つの要件とは、基礎にしっかり建物が据え付けられていること、雨風を防げる構造になっていること、居住に伴う用途としていることなのだそうです。ということは、ブロックにただ乗せただけのものや、トラクターの出入りなどで常に間口が空いているものなどは対象外ということでしょうか。

monooki3.jpg

それにしてもタイミングが悪いというか、住んでしばらくしてから物置を建ててもそのような課税はされないだろうに。たまたま大工さんが一生懸命トンカンやっている最中の訪問だったので、免れようもありませんでした。その物置は2日目でこのように立派な形になってきました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 資金計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: