2012年07月31日

これがこの地の夏だよなぁ

この前の日にこの地にしては蒸す夏だなと書いたばかりですが、この日はこの地らしい夏、今ブログを書いている午後9時頃の環境は快適です。昼間は気温は上がるけれど湿度は低い、風もそこそこ吹いていて心地良い、夜は窓を開け放しにしていると寒いくらいです。これが普通なのです。

この日は昼間双葉や韮崎に出かけましたが、さすがに車を走らせて窓を開けただけでは耐え切れず、窓を閉めてエアコンを使ってしまいました。自宅周辺ではあり得ないことです。昨年の猛暑では避暑に来たペンション客からエアコンがないとクレームがあったそうですが、本来のこの地の夏であれば必要ないはずです。こういう夏だからしかたがないね、それでも都会よりはいいねという余裕になれないものでしょうか。

この日の晩酌の際にも妻と話していたのですが、いろいろな意味で縁もゆかりもないこの土地で本当に良かったねと。当初伊豆や富士五湖周辺で土地を探していたのですがなかなか見つからず、自然環境と東京へのアクセス、それに地価の安さなどを総合的に勘案して決めたのがこの地域でした。市内の物件を数ヶ月で50ヶ所ほど回って運命的に出逢えたのが今の場所です。何しろ当初の目的の物件ではなく、不動産屋さんから「ついでだから回ってみますか?」という所でしたから。

水と空気と野菜がうまい、本当に良いところです。もちろん人も良いですよ。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: