2012年08月15日

混雑知らずの諏訪の花火

BSでも放映されていた有名な諏訪湖の花火、人混みが嫌いなので今まで行こうと思いませんでしたが、せっかく近くに住んでいるのだから一度は行ってみようということになりました。ただいろいろと話を聞いたり調べたりすると、とんでもない混雑ぶりのよう。車で行ったら会場に着かなかった上に家に帰ったのが午前5時とか、電車で行ったが帰りは駅に着けない、電車に乗れないで帰ったのが午前1時とか。

そこでいろいろな案を模索するうちに考えました。公共交通機関は使わない、かといって車で会場までは行かない。一つ前の茅野駅から少し歩いたところにある運動公園に車を停め、自転車で会場に向かうことにしました。折りたたみ自転車を折りたたまずに何とか2台乗せることができました。

この運動公園に車を停める人は多いようですが、茅野駅から電車に乗るパターンが一般的のようです。いくら一駅とはいえ帰り乗るまでに相当時間がかかりそうなので、すべて自転車で平坦な道を駆け抜けると、およそ40分ほどで会場に着きました。渋滞の車の横を抜け、快適です。

R0010191.jpg

帰りは最後の花火まで見て午後9時に会場を出てから同じ道を引き返し、家に着いたのは10時半頃となりました。混雑を避けたのもさることながら、この日の現金出費はゼロ、かかった費用はガソリン代だけです。もちろん何千円もする有料の観覧席ほど見通しはよくありませんが、雰囲気は十分楽しめます。駐車場などは5,000円というところもありました。

肝心の花火の方は、打ち上げる数だけは多いようでまあ景気の良いこと。長岡の大きな尺玉のようなものはありませんでしたが、目玉は最後の水上花火でしょう。何も知らないで見ると打ち上げに失敗したのではないかと思うほどの湖面すれすれです。山に囲まれてこだまするということでしたが、残響は熱海の方が良かったように思います。

9月1日には新作花火大会があります。また行くかどうかは未定ですが、とりあえず一度は行っておいてよかったです。あと、近くだから一度は行かないとねというものは高遠の桜でしょうね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: