2013年01月05日

この時期の気温表現

この日は今年最初のの営業日であり、おかげさまでいろいろなお客様にお越しいただきました。その中の会話で、「今日は10度いきました」「うちは11度でした」などというものがありました。

気温の話ですが、省略されているものがあります。マイナスです。最低気温がこの日はこの地でマイナス10度、例年だと一番寒いくらいの気温ですが、今シーズンはこういった日が何度もあります。天気予報で「明日の最低気温はマイナス3度です」などと聞くと、何だ暖かいじゃないかと思ってしまうほどになりました。

ただ、いつも書いている通り家の中はぬくぬくです。先日もログハウスに住んでいることを知っていておそらくこのブログを読んでいて下さるであろう方から、「ログハウスは気密がいいんですか?」と聞かれました。はっきり言って気密は悪いです。北側のスペース(玄関や洗面所など)は、北風がスースー入ってきます。

それでも暖かいのはログ自体が蓄熱するのと、やはり薪ストーブのおかげだと思います。身体の芯から温まる遠赤外線で、暖かさの質がエアコンなどと違うのです。毎年この時期になると「朝の寒さで目が覚めた」という表現を聞きますが、畑仕事がないこの季節、かなり寝坊がちな毎日です。

一生にそう何度も建てることがないマイホームですが、最初でおそらく最後のこの家、大満足です。そう言えば東京や横浜のマンションに住んでいた頃には、寝る前にもう一度湯船に入って身体を温めていたことを思い出しました。今や隔世の感、ありがたいことです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | ログハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: