2013年03月27日

小ぶりになった神代桜

何でも日本三大桜に数えられるそうで、地元としては誇り高い神代桜を今年も見に行ってきました。この時期は周辺の駐車場が有料になるので(中には民家の庭先も)、下の図書館に車を停めて歩いて登っていくのが定番のコースです。

R0011158.jpg

以前に比べてずいぶんと小ぶりになったようです。2000年も生きているらしいですからね、いつまでも大きな枝を支えているのは難しいのでしょう。それにしても松葉杖をついているようなその姿は、手の怪我ではありますが何か共感するものがありました。

しかし桜以上に気になったのは、周りの梅の木でしょうか、大量にしかも大幅に剪定した枝がたくさん置いてありました。細いものから太いものまで揃っており、薪ストーブユーザーとしては垂涎の的です。今度また眞原のソメイヨシノを見に行くと思うので、その際に聞いてみようかと思います。もうなかったりして。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: