2007年11月08日

書斎のテーブルができました

office_table.jpg

当たり前ですがいろいろなことの合間を縫ってやっているDIYですので、仕事をするためのテーブルがこの日やっと完成しました。事務用のテーブルの大きさや高さはJIS規格で定められているようなのですが、わが家の間取りに合わせた結果偶然にもほぼそのようなサイズとなりました。見た目はずいぶんとずんぐりしていると思います。

実は先の椅子の構想が失敗に終わり、あえなく解体・再制作という憂き目に遭いました。材料は床材を使っていたのですが、これは端材の中でも数が少なく、今後のDIYのメインであるダイニングテーブル・チェアの材料となりますので、無駄にはできません。

ということで、このテーブルの脚にこの解体部材を継ぎ合わせて使っています。見えにくい奥の脚なのでほぼわからないでしょう。組み立て後にサンダーで面取りをし、ニスを2回塗って完成です。

そのニスですが、これは木に膜を作るタイプの塗料なので、どうも仕上がりが安っぽくなることに気付きました。そこでふとひらめいたのが、床に塗っているステインタイプのワックスです。実は日頃、この床があまりにも気持ちいいのでよく寝転がっていることに端を発しています。

椅子もテーブルも専ら私が使用する書斎用はあくまでも練習、次に控えるメインの作業まで良い試行錯誤ができています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: