2023年01月30日

中秋の名月と宵の明星

R0012094.jpg

この前の日の塗装したての後の炭火焼き、思いのほか長引いて完全に日没後まで盛り上がりました。しかしそこはちょうど中秋の名月、蛍の光窓の雪ではありませんが、まさに字が読めるくらいの明るさ、今回は外灯を点けずに自然の灯りで楽しみました。

R0012100.jpg

同じ頃には甲斐駒ヶ岳の上に輝く宵の明星です。少し前の首相夫人が「私は金星に行ったことがある」という発言をしていたそうですが、それはともかく夜空にひときわ輝く金星は兎の餅つきとともに見ていて飽きません。

さてそこで思い出したことが一つ。宵の明星と言えば明けの明星。明けの明星と言えばウルトラセブンの最終回です。正確な台詞ではないかもしれませんが、諸星ダンとアンヌ隊員の会話は多分こんなようなものだったと思います。

ダン「アンヌ、僕はね、ウルトラセブンなんだよ」
アンヌ「えっ、でもダンはダンじゃない」
ダン「明けの明星に一筋の光が飛んでいく、それが僕なんだよ」
アンヌ「ダン、行かないで」

気になってちょっと調べてみたら、正確には「西の空に明けの明星が輝く頃一つの光が宇宙に飛んでいく、それが僕なんだよ」ということでした。あれっ、西の空は宵の明星、明けの明星は東の空じゃないかな?

まあともかく、中秋の名月や宵の明星がきれいで広い空に見られる、この田舎暮らしの環境はこの上ないです。明け方の星座も実にきれいですしね。

posted by bourbon_ueda at 06:22 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: