2007年12月13日

いよいよチェーンソーです

デジタルカメラを修理に出したため、写真がありません。

移住して、とにかくいろいろな道具を買うようになっています。DIYはもともとやろうと思っていたので、丸ノコなどの電動工具は想定の範囲内でしたが、以前ならもっとも考えもしなかったのがチェーンソーです。用途は薪にするための玉切りです。ネットで注文したものがこの日届きました。

チェーンソーはエンジン式のものが一般的のようですが、ここは比較的住宅が多くてご近所迷惑となること、その騒音はもちろん自分に一番大きくてイヤーマフが必須なこと、加えて2サイクルエンジンのオイルの焼ける臭いが嫌なことから、今回はとりあえず電気式です。

関係者に聞いたところ、この電気式は賛否があるようです。否の方はとにかく力がない、効率が悪い、賛の方は時間がかかるだけで切るのは同じ、音が静か、といった理由です。値段も電気式の方がずいぶんと安いですしね。

機種選定は事実上リョービとマキタに絞られました。近くのホームセンターではリョービがよく売れているようでしたが、性能を比べてみるとマキタの方がいいらしい。決め手となったのはチェーンスピードです。ただでさえ遅いと言われる電気式ですから、なるべく速い方がいい。今回購入した機種はMUC301というもので、チェーンスピードは13.3m/sあります。リョービの対抗機種は6mとか8mでした。値段もマキタの方が高いですけれどね。

面白いもので、いろいろと探していると同じマキタでチェーンスピードが26.7m/sのものがありました。これは最新機種ではないようで、なぜ新しい機種の方がチェーンスピードが遅いのか、直接メーカーに聞いてみました。すると、前のモデルは速すぎて消耗が激しい、現在の方が安定していてメンテナンスもしやすいということでした。速ければいいというものでもなさそうです。

いろいろ立て込んでいるのですぐに玉切りとはいきませんが、これから斧を買って、来週中頃には薪作りを始めたいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(2) | 薪ストーブ
この記事へのコメント
こんにちは。ご無沙汰しています。
先日、歩いておられるのにすれ違いました。まさかアンナ所まで来られているとは思わず、通り過ぎてから気づいた次第…失礼しました。

電気式は、咬み込んだり、過剰な抵抗を受けたときのモーターの耐久性が肝です。高回転型はこういったときにめっぽう弱く、すぐ焼けたりしちゃいます。

切れ味は、何より刃の手入れです。これで何倍も違います。PROの伐採屋さんのチェーンソーを見せてもらうと愕然とします…。

私も、時々使う方なら安い電気式でよいと思っています。エンジンのお手入れや、刃の価格を考えれば、もったいないと思います。
Posted by allcare_ito at 2007年12月14日 08:44
allcare_itoさん、コメントありがとうございます。朝のウォーキングは上のセブンイレブンまで行くことがあります。先日は道に迷い、別荘地を抜けるとallcare_itoさんのお宅のすぐ近くに出たこともあります。

そうなんです。エンジン式のチェーンソーはエンジンの方のメンテナンスも面倒なのです。目立てのしかたも先日の薪ストーブ大学でしっかりと学んできましたので、こまめに手入れをしたいと思います。

Posted by bourbon_ueda at 2007年12月14日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: