2014年03月05日

ぜんぶ雪のせいだ。

普段地元では電車にはまず乗りませんが、東京に行く際は高速バスのターミナル駅である新宿から電車に乗ります。その降りる駅も含めて、ホームにはJRの冬のキャンペーンポスターが貼られており、今回のキャッチコピーは「ぜんぶ雪のせいだ。」です。

JRのこうしたキャンペーンにおけるフレーズはいつもうまいなと思っており、以前には「そうだ京都に行こう」というものがありました。ただ、「モーニング娘。」以降の傾向か、体言止めやキャッチコピーに句点を付けるのはどうも違和感があります。文章じゃないんだから。

R0012862.jpg

先月は週末に2回の大雪に見舞われたこの地域ですが、この日も予想以上に降雪と積雪がありました。午前中は否応なしに佐久穂まで買い出しに出かけ、途中野辺山付近はたいそうな状況でした。そして帰ってくるとこの光景、薪ラックが倒れていました。重しとなる薪がなく、ポリカーボネートの屋根に積もった雪の重さですので、しかたありません。

R0012860.jpg

この前の日の畑の様子がこれですから、またあっという間に真っ白になってしまいました。これでまた雪下ダイコンや雪下ニンジンの収穫が遅れそうです。

R0012861.jpg

これはつるものの野菜、例えばキュウリやゴーヤーを這わせるためのネットを張った背の高いアーチ支柱です。今回の雪は着雪性が強く、このようにすべての網間がくっつきそうになっています。当然雪自体も重く、手作業での除雪も体力が要りました。

それもこれも、ぜんぶ雪のせいだ。多分JRのキャンペーンはそのポスターから、都会の若い女の子の恋愛ストーリーを想像させるものですが(電車に乗ってスキーに行ったという)、こちらはその田舎暮らしバージョンです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: