2014年04月01日

隠れた名瀑、常虹の滝

早いものでこの日が19回目の結婚記念日となりました。高校時代まで親元にいたので、もう親よりも長い時間を過ごしたことになります。これにかけて、富山まで小旅行に行ってきました。この時期の富山には結婚する前にも行ったことのある、思い出の地でもあります。

今回のルートはまず安曇野ICで降りて白馬を通り、能生のかにの駅まで足を伸ばしてUターン、黒部の生地にある魚の駅、魚津水族館を通り、富山で一泊。翌日は新湊の直売所に寄ってから、国道41号線から安房峠を通って塩尻北ICに乗るという、北アルプスを一周するルートです。

R0012948.JPG

その帰り道の途中、あまり有名ではないと思いますが素晴らしい滝に出逢いました。その国道41号を山の中に入ったところにある「常虹の滝」というものです。ちょうどこの一昨日に大雨が降ったおかげで、このように豪快な姿になっていました。

R0012942.JPG

下から見るとこんな感じ。

R0012943.JPGR0012945.JPG

この時期は雪解け水があちこちから出ていて、何とも賑やかです。滝を見下ろす位置にはちょっとした小屋があって、夏には流しそうめんをやっているようです。水しぶきがかかる近さと水量で、マイナスイオンいっぱいです。

前回に引き続いて行ってきた富山ですが、この最短ルートの往復なら日帰りも可能です。今回も買い出し旅行で(いつもですが)、また定期的に訪れたいと思いました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: