2014年04月24日

大河ドラマに見た仁義なき戦い

もともと歴史好きなので大河ドラマは見たいと思っているのですが、ここのところ題材は良いもののその脚本や演出に辟易して初回だけで見るのをやめてしまうのが続いていました。そこへ今年の黒田官兵衛はよくぞこの人物にスポットを当ててくれたなと同時に、変な脚本や演出がないので気に入って毎週見ています。

そこで当初から気になっていたのが、片岡鶴太郎さん演じる官兵衛が当初仕える城主です。その前にWOWOWで録った「仁義なき戦い」のシリーズを見ていたので余計なのですが、どうしても金子信雄さんが演じる親分に似ているのです。構図としてはできる部下にできない上司といった関係で、それもその上司が憎らしいというよりはどこか可愛いげがあるのです。

そして、その大河ドラマでかつて最高視聴率を誇ったという「独眼竜政宗」が、この春からBSで毎週土曜日に全回放映されています。実は私は戦国武将の中で一番好きなのが伊達政宗であり、当時は学生でしたが毎週食い入るようにこれを見ていたのでした。そこで当然これを録画してこの日その第一回を見てみました。

それが何と、政宗の父親役の北大路欣也さんはもちろんよく覚えていましたが、その父親役が金子信雄さんだったのです。北大路欣也さんは「仁義なき戦い」でも度々出演していて、もちろんまだ若い役ですがその当時から非常に存在感がありました。それにしてもそのキャスティングがまた大河ドラマであるとは思いませんでした。

金子信雄さんというとすぐに思い出すのが、東ちづるさんとのコンビで今や伝説的とも言われる料理番組です。その頃は「仁義なき戦い」のイメージはなかったので、しばらくは料理好きのおじさんという印象が強かったです。

加山雄三さんの「若大将シリーズ」の青大将、田中邦衛さんもそうですが、金子信雄さんは実に良い味を出しています。印象的な台詞としては目を丸くむいて口をとんがらがせ、「お前はちーともわかっておらんのぉ」です。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: