2014年06月02日

バイクに乗るようになった理由

この度20数年ぶりにバイクに乗るようになった訳を記しておきます。今年から家から標高にして150mほど下ったところに畑を3枚借りたのでした。その準備にこれまで車で通っていたのですが、何しろ農作業ですからその格好や道具が汚れています。

R0013267.JPG

そこで車の中を汚すことなく、かつ虫取りや草取りなどに気軽に行ける手段として、急きょバイクが浮上したわけです。例えば鍬などはこうして長尺ものが入る袋(もともとはバッテリーで動くミニ耕耘機の袋)に入れ、後部座席に乗る妻が背負って運びます。

R0013268.JPG

納車後まだ1週間ですが、実に快適です。何しろ車と比べてちょい乗りができるのがいいです。思い立ったら下の畑、といった感じです。農作業の格好そのままで乗れるのもその気軽さの一つです。もとより、であれば通常は軽トラックのはずですが、相対的に車両価格が高いのと、幸い運転免許の問題がクリアできているので、この度二人乗りのバイクとあいなったわけです。

もちろん畑作業だけでなく、近場の買い物にも使っています(今のところ片道30kmくらい)。そのうち温泉ツーリングなどにも出かけようと考えています。今後の課題は、下の畑で大量に収穫した野菜をどう運ぶかです。実はいろいろと考えていますが、それはまた後ほど。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: